受け口を矯正したい

受け口は奥歯に負担がかかることがあります

受け口は正式には下顎前突症(かがくぜんとつしょう)と言いまして、咬み合わせた時に上顎の歯を下顎の歯が押さえつけていたり、下顎の歯並び全体が上顎の歯並び全体よりも前に突き出たりした状態です。
重度の受け口の場合、奥歯の数本しかきちんと咬み合わないため、ものが上手く咬めなかったり、奥歯に過度な負担がかかったりすることがありますので、そのまま放っておかずに一度お気軽に当院までご相談ください。

受け口の原因

受け口の主な原因は、遺伝的要因による上下顎骨の成長バランスのずれと考えられていて、そのほか歯の生える傾きの異常、舌で前歯を押す癖(舌癖)などが原因となることもあります。

受け口がおよぼす悪影響

虫歯リスクが高まる

受け口はお口の健康にも悪影響をおよぼすことがあります。
受け口の方の場合、歯と歯の間や歯と歯が咬み合う面に隙間が多いので、食べかすなどの汚れが溜まって虫歯になりやすくなります。

歯周病の症状が悪化しやすくなる

受け口は虫歯リスクを高めるだけでなく、歯周病にも悪影響をおよぼすことがあります。
受け口の方の場合、咬み合う歯に過度な負担がかかることが多いので、歯周病が悪化しやすくなります。

詰め物・被せ物が外れやすくなる

受け口が原因で、せっかく入れた補綴物の維持に支障をきたす場合があります。
受け口により、ブリッジや入れ歯などの補綴治療を行う際に咬み合わせのバランスが調節しにくくなり、詰め物・被せ物などが外れやすくなることがあります。

顎関節症の原因となる

受け口により咬み合わせが悪くなると、顎の関節に過度な負担がかり、顎関節症の原因となることがありますのでご注意ください。
顎関節症になると、「口を開けると顎が痛い」「顎を動かすとカクカクと音が鳴る」「口を大きく開けられない」などの症状が起こることがあります

消化器官に負担がかかる

受け口の方はきちんとものを咬むことができない場合がありますので、胃や腸などの消化器官に負担がかかることがあります。
現在、胃や腸の調子が悪い方は、受け口のために食べ物がきちんと咬めないことが原因かもしれません

受け口の矯正歯科治療を始めるタイミング

3歳などの小さなお子さんの受け口に対しては、「永久歯が生え揃うまで様子をみる」という対応がとられることもあります。

それは、永久歯に生え変わるタイミングで自然治癒するケースもあるからなのですが、当院ではよく検査・診断をした上で必要な場合は、3歳児などの小さなお子さんにも使用して頂ける「ムーシールド」というマウスピース型の装置を使用して改善していきます。

なお、大人の方へは、通常、ブラケットを使った矯正歯科治療を行いますが、骨格のバランスのずれが大きい場合は、成長を待って外科手術が必要となるケースもあります。

 

受け口の治療方法

小さなお子様の場合

小さなお子さんの受け口は、大人の方の場合と異なり、顎の大きさや舌の位置、お口まわりの筋肉の影響などが原因となることがありますので、これらを改善することが主な治療となります。
具体的には、「ムーシールド」というマウスピース型の装置を使用して受け口を改善したり、MFT(口腔筋機能療法)によりお口まわりの筋肉や舌の動きなどを正したり、上顎拡大装置や上顎前方牽引装置を使って改善をはかったりします。

中学生以降の場合

ブラケットを使った通常の矯正歯科治療を行ったり、上顎前方牽引装置を使ったりして受け口を改善していきます。

大人の方の場合

永久歯が生え揃った大人の方の受け口を治療する場合には、ブラケットを使った通常の矯正歯科治療が中心となります。

Q&A

受け口の悪影響を教えてください

受け口は見た目の問題だけでなく、虫歯の原因となったり、歯周病を悪化させたりすることがあります。
また、顎関節症の原因となったり、消化器官に負担をかけたりもします。このように、お口だけでなく全身の健康にも悪影響をおよぼすものなのです。

受け口の矯正歯科治療を受けるベストタイミングを教えてください

3歳などの小さなお子様の受け口に対しては、「永久歯が生え揃うまで様子をみる」という対応がとられることもあります。
それは、永久歯に生え変わるタイミングで自然治癒するケースもあるからなのですが、当院では検査を行い必要と診断される方には、3歳児などの小さなお子さんにも使用して頂ける「ムーシールド」というマウスピース型の装置を使用して改善をはかり、長期的に顎の成長変化について観察をしていきます。

受け口の治療方法にはどんなものがありますか?

小さなお子さんの場合には、ムーシールド、リンガルアーチ、上顎拡大装置、上顎前方牽引装置を用いて治す場合が多いです。顎の大きさや舌の位置、お口まわりの筋肉の影響などが原因となることがあるので、これらの要因を改善するMFT(筋機能療法)もおすすめしています。
中学生以降や永久歯が生え揃った大人の方の場合には、主にブラケットを使った通常の矯正歯科治療を行って改善をはかります。

↑TOPに戻る

06-6623-2401 初診予約 相談フォーム

小室歯科の専門サイト紹介

オフィシャルサイト インプラント専門サイト 予防歯科サイト
審美歯科専門サイト セレック専門サイト 求人案内サイト