裏側矯正(舌側矯正)

絶対に装置を目立たせたくない!」という方へ

舌側矯正(リンガル矯正)とは「歯並びをきれいに整えたいけど、装置が目立つのが心配」「職業柄、歯の表に矯正装置は付けられない」などの理由で矯正歯科治療を躊躇されている方も多いかと思います。しかし、歯の裏側に装置を付ける「裏側(舌側)矯正」であれば、お口を開けても装置が見えませんので、まわりの人に気づかれずに治療を受けることが可能です。これら以外にも、裏側(舌側)矯正には「虫歯になりにくい」「幅広い不正咬合に対応できる」「前歯が後ろに下がりやすい」などの特徴があります。

当院では「アリアス」という最新の裏側(舌側)矯正装置を導入していて、従来の装置のように結紮(けっさつ)という複雑な処置が必要ありませんので、ご来院時の治療時間を短縮することが可能です。また、「歯がよく動く」「治療中の痛みが少ない」という特徴もあります。

裏側矯正(舌側矯正)の特徴

お口を開けても装置が見えない

営業職、受付、キャビンアテンダント、アナウンサーなど、職業柄、装置が目立つと困る方の中には、矯正歯科治療を躊躇されていた方もおられるかと思います。ですが、裏側(舌側)矯正では歯の裏側に装置を付けるので、日常生活で装置が見えることはありませんので安心です

虫歯になりにくい

従来の矯正装置には、「お口の中が虫歯が高い環境になりやすい」というデメリットがありました。ですが、歯の裏側は常に唾液にさらされていて、唾液の静菌・殺菌作用で虫歯菌が繁殖しにくくなっているので、歯の表側に装置を付ける場合と比べて虫歯になりにくいとされています。

幅広い不正咬合に対応可能

裏側矯正(舌側矯正)は、開咬、出っ歯(上顎前突)、受け口(反対咬合)、八重歯、すきっ歯など、幅広い不正咬合に対応することが可能です。歯並びや咬み合わせのことでお悩みであれば、お気軽にご相談ください

前歯が後ろに下がりやすい

歯の表側に装置を付けた場合、装置を固定している奥歯に引っ張られて前歯が後ろに下がってしまうことがあります。ですが、裏側(舌側)矯正では奥歯を動きにくくして、前歯を後ろに下げることが可能となります。

治療効果が短期間で実感できる

歯の表側に装置を付けた場合、矯正が終わって装置を取り外さないとまわりの人に整った歯並びを見てもらうことができません。ですが、裏側(舌側)矯正なら歯の裏側に装置を付けるので、前歯が整った時点できれいな歯並びで見てもらうことができます。短期間で治療効果を実感して頂けます。

治療時間が短縮できる最新の装置「アリアス」

当院では、「アリアス」という最新の裏側矯正(舌側矯正)装置を導入しており、これは従来の装置のように結紮(けっさつ)という複雑な処置が必要ないため、ご来院時の治療時間を短縮することが可能です。また、歯がよく動く、治療中の痛みも少ないという特徴もあります。

アリアスの特徴

仕上がりが美しい

いくら矯正歯科治療を行っても、仕上がりがきれいでなければ意味がありません。アリアスは歯にかかる力がコントロールしやすく、従来の矯正装置よりも確実に歯を動かすことができますので、歯並びをよりきれいに仕上げることが可能です。

治療期間が短い

誰しもが「短い期間で治療を終えたい」とお考えになるものです。アリアスでは、従来の装置のように結紮(けっさつ)という複雑な処置が必要ないので、ご来院時の治療時間を短縮することが可能です。また、開閉式のブラケットを使うことで装置とワイヤーの間で起こる摩擦抵抗が抑えられるので、従来よりも歯を動かすスピードが速まり、治療期間が短縮できる可能性が高くなります。

違和感が少ない

アリアスでは「ストレートワイヤー」という細くて特殊なワイヤーを使用するので、「歯が磨きにくい」「喋りにくい」などの違和感が軽減されます。矯正治療中も毎日、快適にお過ごし頂けます

Q&A

裏側矯正(舌側矯正)は表側の矯正よりも治療期間が長くなりますか?

必ずしもそうとは限りません。専門性の高い技術と経験と知識を持った歯科医師のもとで治療を受けられれば、表側に装置を付けた場合と同じ程度の期間で矯正を終えることが可能です。

「裏側矯正(舌側矯正)は喋りにくくなる」と聞いたのですが…

歯の裏側、表側、どちらも矯正装置を付けることで舌や唇が動かしにくくなり、喋りにくくなったり、発音が不明瞭になったりすることがあります。ですが、当院が導入している最新の裏側(舌側)矯正装置「アリアス」なら、少ない違和感で治療を受けることが可能です。なお、表側に装置を付けた場合でも、通常、3~4週間程度で順応して喋りにくさなどを解消することが可能です。

裏側矯正(舌側矯正)は虫歯になりにくいのはどうしてですか?

歯の裏側は常に唾液にさらされていて、唾液の静菌・殺菌作用で虫歯菌が繁殖しにくくなっています。そのため、歯の表側に装置を付ける場合と比べて虫歯になりにくいとされています。

裏側矯正(舌側矯正)は痛いですか?

患者さんによっても異なりますが、歯の裏側、表側、どちらも矯正装置を付けることで痛みなどの違和感を覚えることがあります。通常、時間の経過とともに順応していきますので過度に心配する必要はないと言えます。

どんな場合でも裏側(舌側)矯正で治療できますか?

裏側(舌側)矯正は、開咬、出っ歯(上顎前突)、受け口(反対咬合)、八重歯、すきっ歯など、幅広い不正咬合に対応することが可能です。歯の表側に装置を付けて治療可能なケースは、ほとんどすべて裏側(舌側)矯正で治療可能と言えます。

アリアスの特徴を教えてください

アリアスでは従来の装置のように結紮(けっさつ)という複雑な処置が必要ないので、ご来院時の治療時間を短縮することが可能です。そのほか、「歯がよく動く」「治療中の痛みが少ない」「仕上がりがきれい」などの特徴もあります。

アリアスだと治療期間が短くなるのはどうしてですか?

アリアスでは、開閉式のブラケットを使うことで装置とワイヤーの間で起こる摩擦抵抗が抑えられるので、従来よりも歯を動かすスピードが速まり、治療期間が短縮できる可能性が高くなります。

↑TOPに戻る

06-6623-2401 初診予約 相談フォーム

小室歯科の専門サイト紹介

オフィシャルサイト インプラント専門サイト 予防歯科サイト
審美歯科専門サイト セレック専門サイト 求人案内サイト