セラミックを活用した短期間の矯正(クイック矯正)

セラミックを活用したクイック矯正

素早く、また、思い通りの色や形にしたい方には、クイック矯正がおすすめです。
「クイック矯正」とは、ラミネートベニアやセラミッククラウンなどの人工の歯(補綴物)を使って3~6ヶ月程度の短期間で歯並びを整える方法です。
歯を動かす、いわゆる矯正と併用せずに直すこともありますし、少し歯を動かした後、最後にセラミックを併用することで、より理想に近い仕上がりを実現できることもあります。

クイック矯正の最大のメリットはその名の通り、通常、数年かかる矯正歯科治療が短期間で終わる点です。また、セラミックを使用するので、歯をご希望の色や形にすることもできます。

クイック矯正の特徴

  • 通常、数年程度かかる矯正歯科治療を、3ヶ月~6ヶ月程度で終えることが可能
  • セラミックを使用することで、歯を希望の色にすることができる
  • セラミックを使用することで、歯を希望の形にすることができる
  • ブラケットを用いた矯正歯科治療と比べて、治療費を抑えることができる場合がある

クイック矯正の方法

セラミッククラウンを使用する方法

セラミッククラウン(被せ物)を使用したクイック矯正では、主に出っ歯(上顎前突)、叢生(歯が凸凹に並んだ状態)など、歯の表面を削るだけでは整えることが難しいケースで行われます。
歯全体を削り、患者さんがご希望になるセラミッククラウンを被せることで、歯並びや歯の色・形を整えます。

ラミネートベニアを使用する方法

ラミネートベニアとは、厚さ2〜3mmのセラミックのパネルを歯に貼り付けて、歯の形や色を直す方法です。被せ物に比べて、歯を削る量が少なくて済むメリットがあります。

ラミネートベニアを使用したクイック矯正は、すきっ歯、ねじれた歯、欠けた歯、破損した歯などに対して行われます。
歯の表面(エナメル質)を5mm程度削り(削らないケースもあります)、そこに薄いラミネートの板を張り付けることで、歯並びや歯の色・形を整えます。

この方法は、かつては非常に制作が煩雑で、破折などのトラブルも多かったのですが、当院では、最新のCADCAM機器、CERECを使用することで、より確実に、作成できるようになっています。
詳しくは、セレックの症例・目安料金紹介ページをご覧ください

Q&A

保険適用のレジンではクイック矯正は難しいですか?

レジン(歯科用プラスチック)には「変色しやすい」などの欠点がありますので、セラミックと比べると見た目が悪いと言えます。お口まわりをきれいに見せるためにも、セラミックをおすすめします。

クイック矯正と普通の矯正歯科治療のどちらを選ぶべきですか?

それぞれにメリット・デメリットがありますので、治療前には概要を詳しく説明させて頂きます。それをよくご理解頂いた上でお選び頂ければと思います。ちなみに、クイック矯正には「治療期間が短い」「歯をご希望の色や形にすることができる」などのメリットがあります。

クイック矯正のデメリットを教えてください

クイック矯正のデメリットとしては、「適応となるケースが限られている」「健康な歯を削らなくてはいけない」「抜髄(歯の神経を除去すること)が必要な場合がある」などが挙げられます。

↑TOPに戻る

06-6623-2401 初診予約 相談フォーム

小室歯科の専門サイト紹介

オフィシャルサイト インプラント専門サイト 予防歯科サイト
審美歯科専門サイト セレック専門サイト 求人案内サイト