歯のガタガタ(叢生)の矯正

凸凹の歯並びでお悩みではありませんか?

「ガタガタの歯並び」や「凸凹に並んだ歯」のことを叢生(そうせい)と言います。
顎と歯の大きさのバランスが悪いため、歯がきちんと並ぶためのスペースが足りなくなり、歯列から歯が飛び出して歯並びが悪くなります。
社会に出ると、きれいな歯並びは「身だしなみの1つ」となりますので、「歯並びが凸凹」「笑った時に八重歯が見える」などのことに心あたりのある方は一度当院までご相談ください。
当院では目立たない矯正も行っていますので、社会人の方でも安心して治療を受けて頂くことができます。

叢生の原因

叢生は、顎に対して歯が大き過ぎたり、小さ過ぎたりすることで、歯が正しい方向に生えるために必要なスペースが確保できなくなって、狭いスペース内に並ぼうとしてまわりの歯に押されて、重なり合って並んだり、歯列からはみ出したりして起こります。
また、乳歯が抜ける時期と永久歯が生えるタイミングがずれ、生じた隙間に隣り合う歯が傾くことで、永久歯が正しい方向に生えるスペースが奪われることでも起こります。

叢生がおよぼす悪影響

見た目が悪くなる

せっかくの笑顔も、歯並びが凸凹だと魅力が半減してしまうことも・・・
歯が歯列からはみ出していたり、まわりの歯に重なり合っていたりする叢生は口元の見た目悪くする原因となることがあります。

虫歯リスクが高まる

歯が重なり合っていることで、きちんと歯が磨けなくなり、磨き残しが増えて虫歯になりやすくなります。
その結果、歯の寿命を縮めてしまうこともありますので、ご注意ください

歯周病リスクが高まる

叢生は口元の見た目を悪くすることがあるだけでなく、きちんとしたプラークコントロールが難しくなって、歯周病になりやすくなることがあります

口内炎などのお口の中のトラブルが頻発する

歯が重なり合っていることで、唇の内側や頬の口側を噛んだり、傷つけたりして、口内炎などのお口の中のトラブルが頻発することがあります。

歯科治療が困難になることがある

叢生を矯正するメリットとして、適切な歯科治療が受けやすくなるというものがあります。
歯が重なり合っていると、
歯が重なり合っている、虫歯の治療やブリッジなどの補綴治療が困難になることがあります。

叢生の矯正歯科治療を受けるタイミング

患者さんによっても異なりますが、永久歯が生え揃ってからでは遅い場合がありますので、歯並びが悪化する前に治療を受けられることをおすすめします。

ただし、叢生の程度や年齢によっては、永久歯が生え揃ってから治療を開始するケースもあります。

 

 

叢生の治療方法

ブラケット矯正

歯の表面にブラケットを付けて、ワイヤーの力で歯を動かして重なり合った歯などを改善していきます。
歯を動かすために必要なスペースが確保できない場合には、抜歯を検討する必要があります。

部分矯正

叢生の程度によっては、部分矯正で改善をはかることが可能です。矯正歯や、そのまわりの歯などに装置を付けて、歯を動かして歯並びを整えていきます。

マウスピース矯正

矯正装置の見た目が気になる方には、マウスピース矯正がおすすめです。
マウスピース矯正とは、薄くて透明なマウスピースを段階的に交換していくことで、歯をゆっくり確実に動かしていく方法です。装置が透明なので目立つことはありません。

裏側矯正(舌側矯正)

裏側矯正(舌側矯正)とは、歯の裏側に装置を装着させる方法です。
矯正装置が見えないので、まわりの人に気づかれずに治療を受けることが可能です。治療効果も、歯の表側に装置と装着させる通常の治療と比べても遜色がないので、お仕事柄、装置が目立つのは困る方などにおすすめです。

Q&A

叢生の原因を教えてください

顎に対して歯が大き過ぎたり、小さ過ぎたりすることで、歯が正しい方向に生えるために必要なスペースが確保できなくなることや、乳歯が抜ける時期と永久歯が生えるタイミングがずれて、生じた隙間に隣り合う歯が傾き、永久歯が正しい方向に生えるスペースは奪われることなどが原因で起こります。

叢生の悪影響を教えてください

八重歯は見た目の問題だけでなく、虫歯や歯周病の原因となったり、口内炎などのお口の中のトラブルが頻発したり、虫歯治療などの歯科治療が困難になったりすることがあります。

叢生の矯正歯科治療を受けるベストタイミングを教えてください

患者さんによっても異なりますが、永久歯が生え揃ってからでは遅い場合がありますので、歯並びが悪化する前に治療を受けられることをおすすめします。
ただし、叢生の程度や年齢によっては、永久歯が生え揃ってから治療を開始するケースもあります。

叢生の治療方法にはどんなものがありますか?

ブラケット矯正、部分矯正マウスピース矯正裏側矯正(舌側矯正)など、様々な方法で治療することが可能です。
患者さんのお口の中を詳しく確認させて頂いた上で、最適な方法をご提案させて頂きます。

↑TOPに戻る

06-6623-2401 初診予約 相談フォーム

小室歯科の専門サイト紹介

オフィシャルサイト インプラント専門サイト 予防歯科サイト
審美歯科専門サイト セレック専門サイト 求人案内サイト