前歯・出っ歯の矯正をしたい

出っ歯は口元の見た目を悪くすることがあります

不正咬合のうち、特に口元の見た目を悪くする原因となるのが出っ歯です。また、出っ歯には「お口まわりの見た目が悪くなる」という問題以外にも、「お口の中が乾きやすくなって、虫歯や歯周病などの病気にかかりやすくなる」「誰かにぶつかったり、転んだりした時などに、歯が欠けたり折れたりしやすくなる」などのデメリットもあります。

出っ歯でお悩みの患者さんの中には、口元の見た目の改善を目的に矯正治療を受けられる方もおられますが、それ以外にも、お口の健康に様々な良い効果をもたらしてくれます。

 

出っ歯の原因

出っ歯の原因として、「遺伝的要因」「口呼吸」「舌の癖」などが挙げられます。遺伝的要因が原因でしたら、矯正歯科治療により改善することが可能ですが、口呼吸や舌の癖などが原因の場合には、矯正しても装置を取り外した後に歯が後戻りしてしまう可能性がありますので、矯正と並行してMFT(口腔筋機能療法)を行って歯並びの乱れを予防する必要があります。

出っ歯がおよぼす悪影響

見た目が悪くなる

出っ歯は人目につきやすい前歯が出てしまっているため、目立ちやすく、口元の見た目を悪くする大きな原因となります。患者さんの中には、出っ歯に対して強いコンプレックスを抱えていらっしゃる方もおられます。

虫歯になりやすくなる

実は出っ歯は、見た目だけの問題ではありません。出っ歯の方の場合、前歯が乾燥しやすいので再石灰化が行われにくくなって、虫歯になりやすくなってしまいます。

歯周病の症状が悪化しやすくなる

出っ歯の方は虫歯になりやすくなってしまうのですが、それだけでなく、前歯の歯茎が乾燥しやすいので、歯茎が腫れて歯周病が悪化しやすくなることもあります。

すきっ歯になる場合がある

出っ歯を放っておくと、前歯に隙間ができてすきっ歯になることがあります。重篤なケースでは、上顎の前歯4本が抜ける原因となることもありますのでご注意ください。

顎関節症の原因となる

出っ歯の方は前歯でほとんどものを咬むことができませんので、顎の関節に過度な負担がかかり、顎関節症の原因となることがありますのでご注意ください。顎関節症になると、「口を開けると顎が痛い」「顎を動かすとカクカクと音が鳴る」「口を大きく開けられない」などの症状が起こることがあります

睡眠時無呼吸症候群の原因となる

出っ歯の方は口を閉じることが難しいため、口呼吸をしているケースが多く見受けられます。そのため、就寝中に顎が下がってしまい、睡眠時無呼吸症候群の原因となることがありますのでご注意ください。睡眠時無呼吸症候群には、睡眠の質が低下するだけでなく、生活習慣病などを引き起こするリスクがあります

消化器官に負担がかかる

出っ歯の方は前歯でほとんどものを咬み切ることができませんので、胃や腸などの消化器官に負担がかかることがあります。現在、胃や腸の調子が悪い方は、出っ歯のために食べ物がきちんと咬めないことが原因かもしれません

出っ歯の矯正歯科治療を始めるタイミング

出っ歯は小学校1~2年生など、前歯が4本生え揃った時期に矯正歯科治療を受けることで、少ない負担で改善することが可能です。
大人の方の場合には、奥歯を移動することで前歯を動かすのに必要なスペースが確保できれば、非抜歯で矯正することも可能です。スペースを確保するのが難しい場合には、抜歯を検討する必要があります。

 

 

 

出っ歯の治療方法

小さなお子様の場合

出っ歯は小学校1~2年生など、前歯が4本生え揃った時期に矯正歯科治療を受けることで、少ない負担で改善することが可能です。顎の骨を広げたり、顎の成長を正しい方向に誘導したりすることで改善をはかります。

中学生以降の場合

中学生以降には顎の成長がほぼ終わってしまっていますので、ブラケットを使った通常の矯正歯科治療などを行って出っ歯を改善させます。抜歯が必要かどうかは出っ歯の程度によって異なります。

大人の方の場合

主に、ブラケットを用いた通常の矯正歯科治療を行います。抜歯が必要かどうかは、出っ歯の程度によって異なります。
骨格的な問題がある場合は外科手術が必要な場合もあります。

Q&A

出っ歯の原因を教えてください

出っ歯の原因は、先天的原因と後天的原因とに分けることができます。主な後天的原因は「口呼吸」や「舌の癖」などです。これらが原因の場合には、矯正歯科治療と並行してMFT(口腔筋機能療法)を行って歯並びの乱れを予防する必要があります。

出っ歯の悪影響を教えてください

出っ歯の影響は見た目の問題だけではありません。虫歯の原因となったり、歯周病を悪化させたりすることがあります。また、顎関節症や睡眠時無呼吸症候群の原因となったり、消化器官に負担をかけたりもします。このように、お口だけでなく、全身の健康にも悪影響をおよぼす可能性があるのです。

出っ歯の矯正歯科治療を受けるベストタイミングを教えてください

出っ歯は小学校1~2年生など、前歯が4本生え揃った時期に矯正歯科治療を受けることで、少ない負担で改善することが可能ですので、その時期に受けるのがベストであると言えます。

出っ歯の治療方法にはどんなものがありますか?

出っ歯の程度によっても異なりますが、小さなお子様であれば顎の骨を広げたり、顎の成長を正しい方向に誘導したりすることで改善をはかります。中学生以降の方に対しては、主に、ブラケットを用いた通常の矯正歯科治療を行います。骨格的な問題がある場合は外科手術が必要な場合もあります。

06-6623-2401 初診予約 相談フォーム

小室歯科の専門サイト紹介

オフィシャルサイト インプラント専門サイト 予防歯科サイト
審美歯科専門サイト セレック専門サイト 求人案内サイト