歯を抜かない矯正(非抜歯矯正)

健康な歯を残したい患者さんのために

「親知らずは仕方ないけど、健康な歯はできるだけ抜きたくない」「歯を抜くのは痛そうで怖い」という患者さんは多く、自然な考えだと思います。
当院では、「健康な歯を抜きたくない」という患者さんのために、できるだけ「歯を抜かない矯正(非抜歯矯正)」を行っています。治療開始前に、抜歯による矯正歯科治療の場合と、非抜歯矯正の場合との歯並びや横顔のラインの違いなどを説明させて頂きます。非抜歯矯正にはデメリットもありますので、治療前には十分説明させて頂きます。

矯正歯科治療で抜歯が必要な理由

矯正歯科治療で抜歯が必要な理由矯正歯科治療では、歯並びを整えるために歯を抜くことがあります。抜歯となる歯は、主に小臼歯(前歯から4・5番目の歯)ですが、虫歯の進行している歯、神経のない歯を優先的に抜歯することもあります。どうして矯正歯科治療では抜歯するケースが多いのでしょうか?それは、歯並びの乱れの原因が「歯に比べて顎が小さい」というケースが多いためです。このようなケースでは、歯をきれいに並べるスペースを確保するために抜歯が必要となります。

抜歯と非抜歯のメリット・デメリット

抜歯

メリット
  • 上下顎の歯やお口まわりのバランスが整えられる
  • 骨格的に問題がある場合でも、ほとんどのケースで外科的処置を行わずに矯正できる
デメリット
  • 健康な歯を抜かなければいけない

非抜歯

メリット
    • 健康な歯を抜かずに済む
デメリット
      • 口元の突出感が出ることがある
      • 通常の矯正装置以外の装置を使用することがある
      • 過度拡大すると、咬みあわせに問題ができてしまったり、後戻りの原因となったりする場合がある

非抜歯矯正の方法

「健康な歯を抜きたくない」「天然歯を大切に守りたい」という方のために、非抜歯矯正の主な方法をご紹介します。ただし、患者さんによってはご紹介する方法があてはまらない場合もあります。一度お口の中を診させて頂いた上で、矯正歯科担当医が適切に診断致します。

奥歯を後ろに下げてスペースを確保する

人間の歯は、親知らずを除いて全部で28本あります。このうち、大臼歯(親知らずを除いた一番奥の歯)を後ろへ下げられるスペースがある場合には、歯列全体を奥に動かして、歯並びを整えるために必要なスペースを確保します。ただし、奥歯の移動には限界があります。

歯列のアーチを広げてスペースを確保する

元々歯列のアーチが狭い方は、歯列のアーチを拡大させることで、歯並びを整えるために必要なスペースを確保します。ただし、過度に広げると後戻りの原因となることがあり、広げられる距離には限界があります。

歯の表面をごくわずかだけ削ってスペースを確保する

歯の表面(エナメル質)を1/4~1/3程度だけ削って、歯並びを整えるために必要なスペースを確保します。歯を削っても、その部分をきれいに清掃しフッ素で虫歯を予防しますので、虫歯やしみなどのトラブルを防止することが可能です。

インプラントを活用した非抜歯矯正

他院で「抜歯せずに矯正するのは難しい」と言われた方も、お気軽に当院へご相談ください。当院のインプラント矯正なら、ご希望に沿える可能性があります。

インプラント矯正とは、矯正歯科治療用に作られたインプラントを顎の骨に埋め込み、それを支えとして歯を動かす方法です。従来の方法では難しかった歯の動きが可能となりますので、抜歯せずに歯並びの乱れや咬み合わせの悪さなどが改善できる場合があります。
※「インプラント矯正」に関する詳細はこちらをご覧下さい。

Q&A

他院で「歯を抜かなければいけない」と言われたのですが…

一度当院までご相談ください。他院で抜歯が必要と診断された場合でも、ご相談頂ければ非抜歯で治療可能なケースがあります。当院では矯正歯科担当医が、患者さんのお口の中を詳しく確認させて頂いて、適切な治療方法を提案致します。

健康な歯を抜きたくないのですが…

当院では、「健康な歯を抜きたくない」という患者さんのために、できるだけ「歯を抜かない矯正(非抜歯矯正)」を行っています。患者さんによっては適応とならない場合もありますが、インプラント矯正により、親知らず以外の歯を抜かずに矯正できる場合もあります。お気軽に当院までご相談ください。

矯正歯科治療ではどうして歯を抜かなければいけないのですか?

なぜ矯正歯科治療で抜歯が必要になるかと言うと、歯並びの乱れの原因が「歯に比べて顎が小さい」というケースが多いためです。このようなケースでは、歯をきれいに並べるスペースを確保するために抜歯が必要となります。

どんな歯並びでも非抜歯で矯正できますか?

患者さんの歯並びによっては、非抜歯矯正が適応とならない場合もあります。一度お口の中を診させて頂いた上で、矯正歯科担当医が適切に診断致します。

非抜歯矯正は痛いですか?

矯正中に感じる痛みは、通常の矯正歯科治療とほとんど変わりません。ただし、抜歯が必要ない分、通常よりもお体への負担は少ないと言えます。

↑TOPに戻る

06-6623-2401 初診予約 相談フォーム

小室歯科の専門サイト紹介

オフィシャルサイト インプラント専門サイト 予防歯科サイト
審美歯科専門サイト セレック専門サイト 求人案内サイト