八重歯を矯正したい

「八重歯はかわいい」とは限りません

叢生(そうせい)の一種である八重歯(やえば)は、日本では「かわいい」と評価する向きもありますが、海外では「不潔なもの」として捉えられています。
また、歯が磨きにくくなるため、虫歯や歯周病などの病気を引き起こしてしまう場合もありますので、八重歯が目立つようでしたら一度当院までご相談ください。

八重歯の原因

八重歯は、主に顎の骨が十分に成長しなかったり、乳歯の萌出が遅延したり、早期に脱け落ちたりして、永久歯が正常に萌出するのに必要なスペースが確保できなくなることなどで起こります。遺伝的要因が大きく関わっているとされています。

八重歯がおよぼす悪影響

見た目が悪くなる

日本では「かわいい」と言われることもある八重歯ですが、犬歯が歯列からはみ出していたり、まわりの歯に重なり合っていたりすると、見た目が悪くなることがあります。
歯の対する意識が高い欧米では、八重歯は「不潔なもの」と捉えられることもあります

虫歯リスクが高まる

極端な八重歯の場合、歯を磨いても汚れが残りやすいので、磨き残しが増えて虫歯になりやすくなります。

歯周病リスクが高まる

極端な八重歯の場合、歯を磨いても汚れが残りやすいので、磨き残しが増えて歯周病リスクになりやすくなります。
また、八重歯の部分は骨が薄いので、年齢とともに歯茎がやせて歯根が見えやすくなります。

口臭を引き起こす

八重歯をそのままにしておくと、口臭の原因となることがあります。歯が重なり合っていることで、磨き残しが増えて、お口の中で菌が繁殖しやすい状態となって口臭が発生してしまうことがあるのです。

八重歯の矯正歯科治療を受けるタイミング

小さなお子さんのうちに適切な治療を受ければ、多くの場合、歯を抜かずに改善させることが可能です。
顎の成長を正しい方向に誘導することで、八重歯の並びをきれいに整えます。

 

 

 

八重歯の治療方法

ブラケット矯正

歯の表面にブラケットを付けて、ワイヤーの力で歯を動かして重なり合った歯などを改善していきます。
歯を動かすために必要なスペースが確保できない場合には、抜歯を検討する必要があります。

部分矯正

八重歯の程度によっては、部分矯正で改善をはかることが可能です。矯正歯や、そのまわりの歯などに装置を付けて、歯を動かして歯並びを整えていきます。

裏側矯正(舌側矯正)

裏側矯正(舌側矯正)とは、歯の裏側に装置を装着させる方法です。
矯正装置が見えないので、まわりの人に気づかれずに治療を受けることが可能です。治療効果も、歯の表側に装置と装着させる通常の治療と比べても遜色がないので、お仕事柄、装置が目立つのは困る方などにおすすめです。

Q&A

八重歯の悪影響を教えてください

八重歯は見た目の問題だけでなく、虫歯や歯周病の原因となったり、口臭を引き起こしたりすることがあります。

八重歯の矯正歯科治療を受けるベストタイミングを教えてください

小さなお子さんのうちに適切な治療を受ければ、多くの場合、歯を抜かずに改善させることが可能です。
顎の成長を正しい方向に誘導することで、八重歯の並びをきれいに整えますので、歯並びが気になったら早期にご相談頂くことをおすすめします。

八重歯の治療方法にはどんなものがありますか?

ブラケット矯正、部分矯正裏側矯正(舌側矯正)など、様々な方法で治療することが可能です。
患者さんのお口の中を詳しく確認させて頂いた上で、最適な方法をご提案させて頂きます。

↑TOPに戻る

06-6623-2401 初診予約 相談フォーム

小室歯科の専門サイト紹介

オフィシャルサイト インプラント専門サイト 予防歯科サイト
審美歯科専門サイト セレック専門サイト 求人案内サイト