子供の矯正歯科治療(小児矯正)

お子さんの矯正はタイミングが重要です

お子様の矯正はタイミングが重要です日本では、虫歯などの病気の治療と比べると、まだまだ矯正歯科治療は一般的ではないと言えます。ですが、欧米などの歯の対する意識が高い矯正先進国では、「子供のうちに歯並びをきれいに整える」という考えが広く浸透していて、多くのお子さんが矯正歯科治療を受けられています。

成長途中にあるお子さんの場合、歯や顎の骨の成長をコントロールすることが可能なので、大人の方よりも早く治療を終えたり、抜歯せずに矯正したり、本格的な矯正装置を使わずに治療したりすることができるようになります。

ただし、お子さんの矯正はタイミングが重要で、適切な時期を逃すと十分な治療効果が現れなかったりすることがありますので、歯並びや咬み合わせで気になることがあれば、一度当院へご相談ください。「矯正歯科治療が必要かどうか?」も含めて、お子さんに最適な開始時期をお伝えさせて頂きます。

「歯並びを悪くする癖」にご注意ください

「歯並びを悪くする癖」にご注意ください

「指しゃぶり」「いつも口をぽかんと開けている(口呼吸)」「舌を前に出す(舌突出癖)」「よく咬まずに食べる」「頬杖」「悪い姿勢」などの口腔習癖は、歯並びを悪くすることがあります。

お子さんにこうした癖がある時には、できるだけ止めさせるようにしましょう。
なお、当院では歯並びに影響するこれらの癖を改善させるための簡単なトレーニング(MFT:口腔筋機能療法)も積極的に行っておりますので、将来きれいな歯並びになりたい方、口元や舌の癖を治すトレーニングに興味がある方はお気軽にご相談ください。

歯並びを悪くする癖

  • 指しゃぶりをしている
  • 爪を噛んでいる
  • 唇を噛んでいる
  • 舌先がいつも上下どちらかの前歯の裏に触れている
  • 舌先がいつも上下の前歯の間に触れている
  • ものを食べる時、舌を出して迎えにいっている
  • 頬杖をつく
  • ものをよく噛まずに食べている
  • 水を飲まないとものが食べられない
  • 硬いものを食べるのが苦手
  • 猫背などの悪い姿勢
  • いつも横向きで寝ている
  • いつもぽかんと口を開けている
  • 風邪を引きやすい

お子さんの矯正のメリット

矯正歯科治療は大人になってからでも受けられますが、お子さんのうちに最適な時期に治療を始めることで、大人の矯正にはない様々なメリットが得られるようになります。

  • 大人の方よりも早く治療が終えられる場合がある
  • 永久歯を抜歯せずに矯正できる可能性が高まる
  • 本格的な矯正装置を使用せずに治療できる場合がある
  • 顎の骨や顔の成長バランスを整えることが可能になることがある
  • お口が持つ本来の機能性を取り戻すことが可能(例:咀嚼、飲み込み、発音など)
  • 成長期によく噛むことで、脳に刺激を与え、脳や体の発育により良い結果をもたらすと言われている

お子さんの矯正歯科治療

お子様の矯正歯科治療お子さんの矯正歯科治療では、顎の骨の成長を利用して歯並びの乱れや、咬み合わせの悪さなどを改善していく治療が中心となります。これを「1期治療」と言います。
最適な時期に1期治療を開始することで、大人になってから矯正治療を受けるよりも早く治療が終えられたり、歯を抜かずに済んだり、本格的な矯正装置を使用せずに治療できたりする場合があります。

1期治療

通常、1期治療は6~10歳ごろ乳歯と永久歯が混在している時期(混合歯列期)に行われ、生え変わりを正常に導き、顎の骨の成長を正しい方向に誘導することで、歯並びの乱れや、咬み合わせの悪さなどを改善していきます。

1期治療の方法

顎の成長コントロール

お子さんの歯並びの悪さの原因の多くは、顎の小ささです。お子さんの顎の骨は成長過程にありますので、その成長を正しい方向に誘導することで歯並びの乱れや咬み合わせの悪さなどを改善していきます。顎を拡大する装置には、固定式、取り外し式(マウスピース式)などがあります。
また、上あご下あごの成長バランスをコントロールする装置として、ヘッドギアやプロトラクターなどがあります。

前歯の矯正

顎を拡大することで前歯の叢生(歯が凸凹に並んだ状態)が改善されることもありますが、ねじれが強かったり、上下の歯が反対に咬み合っていたりする場合には、前歯のみ部分的にブラケットを付けて改善させることやリンガルアーチというワイヤーの装置もあります。

ヘッドギア

お子さんの不正咬合のうち、出っ歯(上顎前突)は上顎の骨格が大き過ぎるために起こっている場合があります。こうした場合には、ヘッドギアを使って上顎の成長を抑制することがあります。上顎の骨格が原因ではなく、歯そのものが前に出ている場合にも、ヘッドギアを使って改善していきます。この場合には、上顎の大臼歯という大きな奥歯を奥に動かして、歯並び全体を後ろにずらします。

プロトラクター(上顎前方牽引装置)

受け口(反対咬合)を放っておくということは、「上顎の成長が邪魔されている状態」と「下顎の成長を促す状態」がずっと続くということです。なので、受け口がどんどん悪化する可能性が高いと言えます。こうした状態を改善するために、上顎前方牽引装置を使うことがあります。これは、上顎を前方に引き出したり、下顎を後退させたりする装置で、夜、寝ている時に付けるだけで高い効果が期待できます。基本的に就寝中に付けるだけですので、学校のお友達などに付けているところを見られる心配はありません。

口腔習癖の改善 -MFT-

指しゃぶり、舌を前に出す(舌突出癖)、口呼吸などの口腔習癖が原因で、歯並びが乱れることがあります。これらの癖を改善する簡単なトレーニング(MFT:口腔筋機能療法)を繰り返し行うことで、歯並びの乱れを早めに予防していきます。

2期治療

2期治療とは、本格的な矯正装置を用いた治療のことです。通常、永久歯に生え変わった時期(永久歯列期)に、1期治療では歯並びの乱れや咬み合わせの悪さなどが改善されなかった場合などに行われます。主に中学生以降に行われます。

年代別の矯正歯科治療

3歳からの矯正歯科治療

3歳児検診で受け口(反対咬合)を指摘され、「将来、この子の歯並びは悪くなるのかな?」とご心配のお母さん・お父さんもおられるかと思います。

3歳児の受け口に対しては、「永久歯が生え揃うまで様子をみる」という対応がとられることもあります。それは、永久歯に生え変わるタイミングで自然治癒するケースもあるからなのですが、当院では、状態をよく診査した上で必要な場合には、3歳児などの小さなお子さんにも使用して頂ける「ムーシールド」というマウスピース型の装置を使用して改善していきます。

就寝中に装着するだけなので、少ない負担でご使用頂けます。

小学生の矯正歯科治療

小学生の時期は混合歯列期にあたり、体や顎の成長が旺盛な時期なので、顎の骨の成長をコントロールしながら歯の生え変わりを注意深く診断して、歯並びの乱れや咬み合わせの悪さなどを治していきます。

骨も柔らかく、成長が利用できるので比較的治療期間が短く、非抜歯で治る可能性が高くなります。また、最終的な歯並びの状態も良好になる可能性が高いので、矯正歯科治療を開始する時期としてはベストなタイミングであると言えます。

中高生の矯正歯科治療

通常、中高生になれば永久歯が生え揃うため、この時点で歯並びが乱れていたり、咬み合わせが乱れていたりする場合には、本格的な矯正装置を使って治療することになります(2期治療)。

先天性欠如歯のお子様が増えています

近年、乳歯が生え変わらずに残っているお子さんが増えています。多くの場合、前歯から4・5番目の乳歯(E)が残っています。
これは何らかの要因により歯の元となる「歯胚(しはい)」がないために、永久歯が生えてこない形成異常です。お子さんの乳歯が生え変わらずに残っている場合などには、一度当院までご相談ください。

06-6623-2401 初診予約 相談フォーム

小室歯科の専門サイト紹介

オフィシャルサイト インプラント専門サイト 予防歯科サイト
審美歯科専門サイト セレック専門サイト 求人案内サイト