大人の矯正歯科治療(成人矯正)

会話の時に口元が気になりませんか?

大人の矯正歯科治療について

大学を卒業して社会人になり、初めて口元が気になり始めて、矯正のご相談にいらっしゃる方がたくさんおられます。

「会話時に相手のどこを見ますか?」というアンケートに対して、一番多かった回答は「目」で、2番目に多かった回答が「口元」です。
口元はその方の印象や表情を左右する大切な要素です。多くの患者さん、特に女性の方がお口まわりの印象を良くするために矯正歯科治療を受けられています。

また、20~30代になると、そろそろ歯を支える骨(歯槽骨)が炎症によって溶けていく病気「歯周病」が始まります。歯並びが悪いとその部分の歯が磨きにくくなりますので、歯周病の進行が速まることがあります。もちろん虫歯にもなりやすくなりますので、結果的に歯を失う原因となります。そのため、矯正歯科治療を受けることは、10年後、20年後の歯の健康を守ることにも繋がります。
ですが、患者さんの中には、矯正装置の見た目の悪さや、痛みなどを心配されたり、健康な歯を抜くことに抵抗があったりする方もおられるかと思います。

当院では目立たないセラミックブラケットの装置、透明なマウスピース型の装置「インビザライン」「アソアライナー」や、歯を動かす時の痛みが少ない「デーモンクリアシステム(セルフライゲーションシステム)」などを取り扱うほか、「歯を抜かない(非抜歯)矯正」なども行っておりますので、安心してご相談ください。

歯並びの乱れ・咬み合わせの悪さの悪影響

「口は健康の入口」という言葉からもわかる通り、歯並びの乱れ・咬み合わせの悪さは見た目だけではなく、お口、そして全身の健康にも影響をおよぼします。歯並びが乱れていたり、咬み合わせが悪かったりすると、毎日の歯磨きなどのケアが行いにくくなりますので、お口の中に歯垢(プラーク)などの汚れが溜まって虫歯・歯周病のリスクが高くなることがあります。
また、食べ物がきちんと咬めないために胃や腸などの消化器官に負担がかかったり、咬む回数が減少して脳の血流が悪くなったりするなど、全身にも様々な悪影響をおよぼすことがあります。

虫歯・歯周病のリスクが高まる

虫歯・歯周病のリスクが高まる「毎日きちんと歯磨きをしているのに、どうして虫歯になるんだろう?」と不思議に思ったことはありませんか?それは、歯並びの乱れ。咬み合わせの悪さが影響しているかもしれません。
歯並びが悪かったり、咬み合わせが乱れていたりすると、歯磨きなどのケアがきちんと行えなくなりますので、磨き残しができて虫歯・歯周病のリスクが高くなったり、症状が悪化したりすることがあります。

発音障害

言葉がはっきりと喋れなくて困ったり、恥ずかしかったりした経験はありませんか?
歯並びが悪く、歯と歯の間に隙間があったりすると、空気が漏れて話しづらくなることがあります。また、歯が凸凹に並んでいると、舌の動きが制限されて発音が不明瞭になることもあります。咬みあわせに問題があるとサ行、カ行、タ行など滑舌が悪くなる傾向があります。

しっかりと咬めなくなる

するめやお煎餅など、硬いものが咬めなくて困ったことはありませんか?
歯並びが悪かったり、咬み合わせが乱れていたりすると、硬いものなどが奥歯でしっかりと咬めなくなることがあります。

消化器官に負担がかかる

「胃の調子が悪い…」とお悩みの方、もしかしたらそれ歯並び・咬み合わせに原因があるのかもしれません。
よく咬まずに食べ物を飲み込むと、消化を助ける唾液が十分に分泌されないため、胃や腸などの消化器官に負担がかかることがあります。
また、唾液が十分でないと食べ物も口の中で美味しく味わえないと言われています。

脳の血流が悪くなる

「咬む」という行為には、脳の血流を良くする働きがあり、思考力や記憶力に影響するとされています。
しっかりと咬めないため、咬む回数が減少すると、脳の血流が悪くなり、知能や運動機能などの発達に悪影響がおよぶと言われています。

顎関節症の原因となる

「口を開けると顎が痛い」「顎を動かすとカクカクと音が鳴る」「口を大きく開けられない」などの症状でお困りではありませんか?咬み合わせが悪いと、咬む時に顎にかかる力が分散されないため、顎関節に過度な負担がかかることがあります。
その結果、上記のような顎関節症を引き起こす場合があります。

顔の形が歪む

顔の形が歪む鏡を見た時に、お顔の歪みが気になったことはありませんか?
咬み合わせが悪いと、食事をする時の咀嚼が左右どちらかに偏ってしまって、口元の見た目が悪くなったり、お口まわりの筋機能に異常がおこることでお顔の形が歪んでしまったりすることがあります。

口元が悪くなる劣等感を感じることがある

原因不明の頭痛、肩こり、腰痛などの症状でお悩みではありませんか?
歯並びが気になって人前で思いきり笑えないという方もいらっしゃいます。
歯並びが悪かったり、咬み合わせが乱れていたりすると、心理的ストレスと合いまって全身のバランスが崩れて頭痛、肩こり、腰痛、めまいなどの不定愁訴の原因となることがあります。

失敗しない矯正歯科治療のポイント

矯正歯科治療を専門とする歯科医師はいますか?

矯正歯科治療は虫歯・歯周病治療などの一般歯科治療とは異なり長期間かかることがありますので、最善の治療結果を導き出すためには専門的な技術と知識・経験が必要となります。
当院では、臨床経験の豊富な「日本矯正歯科学会認定医」・「大阪大学歯学部付属病院勤務の矯正医」が治療を担当させて頂きますので、安心してご相談ください。

非抜歯矯正に対応していますか?

誰しもが「健康な歯を抜かずに矯正したい」とお考えかと思います。なので、矯正歯科治療を受けられる前に、その歯科医院が「非抜歯矯正」に対応しているかどうか確認するようにしましょう。
当院では、できるだけ歯を残す「非抜歯矯正」に対応しておりますのでご相談ください。ただし、非抜歯矯正にはデメリットもありますので、治療前には十分ご説明させて頂きます。

矯正装置の種類は豊富ですか?

一般的な矯正装置では、金属のワイヤーなどを装着させて歯を動かしていきます。ですが、「見た目が悪い」「違和感がある」などのデメリットがあります。

患者さんによっては「仕事柄、装置が目立つのは困る」という方もおられれば、「できるだけ快適に矯正したい」とご希望の方もおられるかと思います。なので、矯正歯科治療を受ける時には、ご自身の希望に合った装置・方法が選択できる歯科医院を選択するようにしましょう。

当院では、透明なマウスピース型の装置「インビザライン」「アソアライナー」や、ブラケットが透明なので装置が目立たない「セラミックブラケット」、歯を動かす時の痛みが少ない「デーモンシステム(セルフライゲーションシステム)」、歯の裏側に装着させるので装置が見えない「裏側矯正(舌側矯正)」など、最新の矯正装置を数多くご用意しています。

費用は明確ですか?

矯正歯科治療は決して手軽な安い治療ではありません。なので、費用が明確に提示されている歯科医院で治療を受けるようにしましょう。
当院の矯正歯科治療費は「治療費」のページに明記しておりますので、詳しくはそちらをご覧ください。なお、審美、美容目的でない矯正歯科治療費は医療費控除の対象となり、税金の還付を受けることができます。

大人の矯正歯科治療の方法

目立たない矯正

仕事柄、矯正装置が目立つのは困るという方や、まわりの目が気になって治療に踏み切れないという方もおられるかと思います。
当院ではそうした方のために、「デーモンクリアシステム」・見えない「裏側矯正(舌側矯正)」や透明な「インビザライン」・「アソアライナー」などのマウスピース矯正やセラミックを活用した「クイック矯正」などの目立たない矯正装置をご用意しています。

透明で取り外し可能なマウスピース矯正

「インビザライン」「アソアライナー」などのマウスピース矯正は、装置が透明で薄いマウスピースなので目立ちません。また、患者さん自身で取り外せるので、矯正治療中もお口の中を清潔に保ったり、食事を美味しく味わったりすることができます。

矯正装置が見えない裏側矯正(舌側矯正)

舌側矯正(リンガル矯正)「裏側矯正(舌側矯正)」とは、歯の裏側に装置を装着させる方法です。お口を開けた時にも矯正装置が見えないので、まわりの人に気づかれずに治療を受けることが可能です。
「歯並びをきれいに整えたいけど、矯正装置が目立つのが心配」という方などにおすすめです。

 

歯を抜かない矯正(非抜歯矯正)

当院では、可能な限り「歯を抜かない矯正(非抜歯矯正)」を行っています。
治療開始前に、抜歯による矯正歯科治療の場合と、非抜歯矯正の場合との歯並びや横顔のラインの違いなどを説明させて頂きます。非抜歯矯正にはデメリットもありますので、治療前には十分説明させて頂きます。

難しい歯の矯正治療を助けるインプラント矯正

奥歯の難しい移動などで使うヘッドギアや輪ゴムなどを使った矯正歯科治療を避けたい方などには、「インプラント矯正(インプラントアンカー)」がおすすめです。
インプラント矯正とは、矯正歯科治療用に作られたインプラントを顎の骨に埋め込み、それを支えとして歯並びを治す方法です。従来の方法では難しかった歯の動きが可能となりますので、ヘッドギアや輪ゴムなどの面倒な付加装置なしでも同じような治療効果が期待できます。
当院にはインプラント専門医が在籍しており、院内での処置が可能です。インプラント治療前には十分説明させて頂きます。(治療後にインプラントはすべて除去いたします)

セラミックを活用したクイック矯正(一般歯科とのコラボ症例/補綴前矯正)

当院では、セラミックを活用した「クイック矯正」にも対応しています。これは、ラミネートベニアやセラミッククラウンなどの人工歯(補綴物)を使って、1~6ヶ月程度の短期間で歯並びを改善させる方法です。
通常、数年かかる矯正歯科治療を、数ヶ月で終えることが可能です。また、セラミックを使用するので、歯をご希望の色や形にすることもできます。
当院には経験豊富なセラミッククラウンなどの補綴医がおり、矯正治療医と協同で治療計画を十分説明させて頂きます。

↑TOPに戻る

06-6623-2401 初診予約 相談フォーム

小室歯科の専門サイト紹介

オフィシャルサイト インプラント専門サイト 予防歯科サイト
審美歯科専門サイト セレック専門サイト 求人案内サイト